ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

娘を連れて鍼灸院に駆け込む

中学バスケ夏季大会前日の金曜日の朝、娘が背中のひどい痛みを訴え、終業式を休ませて病院に連れて行くことにしました。

前日学校から帰った時痛みが出始めていたので、夜寝る時シップを背中に貼りまくって寝させましたが、朝に痛みがひどくなっていました。

 

 

急遽、バスケ部仲間が通っているすごく効くらしい鍼灸院を教えてもらったけれど、その鍼灸院は完全予約制で新規の患者をほとんど診ることがないらしく、電話しても断られる可能性が高いという話でした。

 

ダメもとで朝一に電話したところ、最初は試合前日に治療しても治せるかわからないし、そんな状態で試合には出ないほうが良いのではというお返事。

でも、お話するうちに私の切羽詰まった様子に同情してもらえたのか、明日の試合は出られるかわからないですが、とりあえず診察してみますと言っていただけました。

 

 

すぐに家を出て鍼灸院に向かいました。

家から40~50分かかってついた鍼灸院はごく普通のお家の中で診察されていて、一見鍼灸院とは気付かないぐらいの佇まい。

 

ちょっと緊張しながら入ってみると、受付の女性はとても気さくで話しやすい方でした。問診表を書いて待合室で待っていると先生がやってきて、娘にいろんな話を聞き始めました。今の状況だけではなく、小さい時の話や今までの習い事や病気の話など色々。

その後、診察室に娘が入っていきました。

 

待っている間に診察に来た女性は、家から片道2時間かけて診察に来ていると言っていました。ビックリ。

 

ちなみに、先生と受付の女性だけで対応されるので、予約は詰め込まず一人一人にゆっくり時間をかけて診てくれる鍼灸院でした。

施術料も保険はききませんが、一律の料金設定でかなり良心的な金額でした。

商売っ気がないというか、人を元気にするのが目的というのが伝わってきて、良い所を紹介してもらえてほんとラッキーでした。

 

 

娘を診察後、針をしている間に先生が待合室の私の所へ来て話をしてくれました。

娘は顔色が黄色くなっていて(黄疸とは違うらしい)、胃腸の働きが低下して体の回復力が弱っている状態らしく、寝ても疲れがとれない状態になっているとの事。

体が冷えやすく、疲れやすい、だるい、食欲がない状態になっているらしい。

そして、足の外側の筋肉が発達していないので足も弱いらしい。

確かに娘はひざ下がすごく細いし、足のパワーが弱いのも納得。

背中の痛みは、筋肉の繊維が傷ついている状態で部活で酷使しているのが原因と言われました。

 

あとは、普段の生活で気を付ける事などを教えてもらいました。

 

本来なら娘は色んな所が弱いので、ハードなスポーツには向かないタイプらしい。

 

先生に午前中と夜にもう一回針をすれば明日の試合にはなんとか出られると言っていただき、とりあえず一安心。

 

 

針を終えて診察室から出てきた娘は、なんだか顔色も良くて元気そう。

背中の痛みもかなり無くなったみたいで、ほんとに不思議でした。

 

午後から部活に行くという娘に、先生は絶対練習に参加しないでじっとしているように言っていました。

 

 

部活から帰ってきて、夕方には背中の痛みが少し復活してきていました。

すぐにまた針をしてもらいに行ったところ、痛みもほぼ無くなりかなり楽になったようです。良かった。

 

 

次の日は朝早いので、夜は早めに寝て欲しいと思って声掛けをしていましたが、相変わらずスルーする娘。

 

部活のみんなに手紙を書くと言って、遅くから始め出すので困った。

結局12時をかなり過ぎた所で私が怒ってしまいました。娘半ギレで就寝。ツラい。

 

 

 

 

そんなこんなで迎えた今日の試合、相手は背の高い選手も多くて簡単に勝てるような相手では無いので、最初から少しの気のゆるみも許されないような緊張の連続の試合となりました。

 

前半が終わってほぼ同点という展開でしたが、後半じりじりと点差をつけていき勝つことが出来ました。最後までみんなが粘り強いプレーをしてボールに食らいついていって勝ち取った試合でした。

 

娘は試合中みぞおちに膝蹴りを食らい一時退場する場面もありましたが、復活してほぼ最後まで試合に出られました。

前日はどうなることかとハラハラしましたが、しっかり治療していただき感謝です。

 

明日は強豪校とあたるので、どんな結果になろうとも最後の力を振り絞って頑張って欲しいです。

 

今は疲れてはてて昼寝している娘。

普段口が悪くめちゃくちゃわがままで、本当に腹立つことがいっぱいあるのですが、汗だくになりながらも声を出して頑張っている姿をみると、こういう良い所もあるということを私が忘れないようにしたいなと思います。

娘の3者面談がありました

面談のたびに成績が下がっていくので、今回もドキドキしながら行ってきました。

結果、中2の成績からマイナス1となりました。

予想ではもう少し下がっていると思っていたので、まだ耐えた方かな。

ピッタリオール4です。(5と3がそれぞれ2つあとは4)

 

 

今回もテスト前にスマホがやめられず、テストの点が伸びませんでした。

去年から同じ担任の先生で、受験生になっても勉強の姿勢が変わらない娘にかなり残念そう。なかば呆れ気味?

娘お得意の80点台連発で、先生からすればまじめにテスト勉強すれば90点台がとれるのに、なぜ狙わないのかと。

真面目に取り組んでの80点台なら納得できるけど、手を抜いての80点台は本当にもったいないという話をもう何回聞いたことでしょう。

 

 

テスト1週間前になって1日1時間から頑張って2時間、テスト前日の夜になって焦りだし、夜中まで頭に詰め込むという事を毎回繰り返しています。

当然寝不足になって、テスト中に寝てしまうという大失態もありました。

 

それに、勉強しながらスマホで好きな歌を聞いて口ずさみながら問題をやっているのです。これは本当に何度も怒りましたが、機嫌を損ねてまったく勉強しなくなるので今は諦めています。スマホを取り上げたことも何度もありましたが、取り上げるとキレて勉強しなくなるのでやっぱりこちらが折れてしまっています。弱い母。

 

先生はそんな状況でこの点数がとれているのは逆にスゴイと笑っていました。

母親や先生が再三言ってもやめられないスマホは、やっぱり娘本人がこんなことをやっていては間に合わないと気付かないと無意味なのかもしれません。

 

 

 

受ける高校については、息子の行っているA校が娘の第一志望で、家から近いB校(偏差値的にはA校より少し低め)が第二志望です。

A校は入学後勉強についていけるのかという不安を先生に伝えた所、娘の性格的にもしかしてB校のほうが合っているかもしれない、B校には娘が興味をもっているダンス部もありそちらで頑張るもの良さそうという話でした。

レベル的にはA校B校これからの勉強次第でどちらも狙えるので、夏休みのオープンキャンパスに行ってじっくり考えるようにとの事。

 

大学受験を考えるとA校のほうが良いとは思うのですが、まだ大学に行くかも決めていないのに国公立を目指す子がほとんどのA校に行くのはしんどいかな。

入学してしまえば、その流れにのって大学を目指してくれるかな…

 

それともB校で勉強はそこそこに部活や高校生活を楽しんで、もし大学を目指したいなら塾に行って自分で頑張ればいいかなとかグルグルと考えています。

 

どっちにしろ、娘が決める事なのですけどね。

 

 

 

先日部活の夏季大会が始まり、初戦は無事に突破しました。

負けたチームの子供たちや保護者はなみだなみだ。

中学生になり2年と4か月の頑張りと、それを応援してきた保護者の気持ちが痛いほど伝わってきて、こっちまでウルウルでした。

今週末に大会はほとんど終わるので、娘の引退もそこまで近づいてきました。

メンバー全員怪我無く試合を迎えられそうなので、思いっきり走り回り悔いのない試合をしてほしいなと思っています。

 

大会が終わるまで、ケンカせず親子仲良く平和に過ごそうと思います。

 

 

勉強法を試行錯誤

本来ならもっと早い時期に勉強のやり方を確立してどんどん進めていっている頃だと思いますが、息子はいまだ探り中。

 

 

地理が超苦手なので、塾の先生に薦められた参考書を買って読み進めていますが、読んでいても頭に入っている気がしないと言います。

結局、スタディサプリの鈴木達人先生の動画も観ています。この先生の動画は以前にも観たことがあり、とてもわかりやすかったらしいです。

時間短縮のため、少し早送りでみているようです。

参考書を読むだけよりも、頭に入りやすいみたい。結構クセのある先生ですが独特な解説が凄く頭に残ります。

あとはアウトプットで使う問題集も解説がすごく詳しいものを買いました。

ただ、参考書も問題集(ほとんどが解説)も本が分厚くてプラス動画も見ると時間が結構とられてしまうので、時間をうまく使わないと他に響いてしまいます。

苦手教科の克服がんばれ。

 

 

 

数学の勉強はチャートが嫌いで途中からあまり使わなくなりましたが、結局チャートに戻っています。

 

数ⅠAは学校の4STEP(さらっと)→青チャート(さらっと)→合格る計算→1対1対応の演習という感じでやってきましたが、これからは塾の授業中心プラス苦手単元のみチャートで繰り返すらしいです。

 

数ⅡBは学校の4STEP(さらっと)→合格る計算→坂田アキラ先生の面白いほどわかるシリーズをやって、今は塾の授業プラス青チャートを使って基礎の穴埋め中。

 

数Ⅲは今は塾の授業のみですが、数ⅡBの青チャートが終われば数Ⅲの青チャートをするみたいです。

 

全部終われば1対1対応の演習をやると言っていますが、時間との戦いになりそうです。

 

 

 

青チャートは、アイロンで根元の糊を溶かして章ごとに分割しています。あとはバラバラにならないように製本テープをしっかり貼れば、持ち歩きがラクラクになります。

それに1章を終えるごとに達成感があるらしく、息子のようにチャートが苦手な人にはお勧めです。