ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

娘の3者面談がありました

面談のたびに成績が下がっていくので、今回もドキドキしながら行ってきました。

結果、中2の成績からマイナス1となりました。

予想ではもう少し下がっていると思っていたので、まだ耐えた方かな。

ピッタリオール4です。(5と3がそれぞれ2つあとは4)

 

 

今回もテスト前にスマホがやめられず、テストの点が伸びませんでした。

去年から同じ担任の先生で、受験生になっても勉強の姿勢が変わらない娘にかなり残念そう。なかば呆れ気味?

娘お得意の80点台連発で、先生からすればまじめにテスト勉強すれば90点台がとれるのに、なぜ狙わないのかと。

真面目に取り組んでの80点台なら納得できるけど、手を抜いての80点台は本当にもったいないという話をもう何回聞いたことでしょう。

 

 

テスト1週間前になって1日1時間から頑張って2時間、テスト前日の夜になって焦りだし、夜中まで頭に詰め込むという事を毎回繰り返しています。

当然寝不足になって、テスト中に寝てしまうという大失態もありました。

 

それに、勉強しながらスマホで好きな歌を聞いて口ずさみながら問題をやっているのです。これは本当に何度も怒りましたが、機嫌を損ねてまったく勉強しなくなるので今は諦めています。スマホを取り上げたことも何度もありましたが、取り上げるとキレて勉強しなくなるのでやっぱりこちらが折れてしまっています。弱い母。

 

先生はそんな状況でこの点数がとれているのは逆にスゴイと笑っていました。

母親や先生が再三言ってもやめられないスマホは、やっぱり娘本人がこんなことをやっていては間に合わないと気付かないと無意味なのかもしれません。

 

 

 

受ける高校については、息子の行っているA校が娘の第一志望で、家から近いB校(偏差値的にはA校より少し低め)が第二志望です。

A校は入学後勉強についていけるのかという不安を先生に伝えた所、娘の性格的にもしかしてB校のほうが合っているかもしれない、B校には娘が興味をもっているダンス部もありそちらで頑張るもの良さそうという話でした。

レベル的にはA校B校これからの勉強次第でどちらも狙えるので、夏休みのオープンキャンパスに行ってじっくり考えるようにとの事。

 

大学受験を考えるとA校のほうが良いとは思うのですが、まだ大学に行くかも決めていないのに国公立を目指す子がほとんどのA校に行くのはしんどいかな。

入学してしまえば、その流れにのって大学を目指してくれるかな…

 

それともB校で勉強はそこそこに部活や高校生活を楽しんで、もし大学を目指したいなら塾に行って自分で頑張ればいいかなとかグルグルと考えています。

 

どっちにしろ、娘が決める事なのですけどね。

 

 

 

先日部活の夏季大会が始まり、初戦は無事に突破しました。

負けたチームの子供たちや保護者はなみだなみだ。

中学生になり2年と4か月の頑張りと、それを応援してきた保護者の気持ちが痛いほど伝わってきて、こっちまでウルウルでした。

今週末に大会はほとんど終わるので、娘の引退もそこまで近づいてきました。

メンバー全員怪我無く試合を迎えられそうなので、思いっきり走り回り悔いのない試合をしてほしいなと思っています。

 

大会が終わるまで、ケンカせず親子仲良く平和に過ごそうと思います。

 

 

勉強法を試行錯誤

本来ならもっと早い時期に勉強のやり方を確立してどんどん進めていっている頃だと思いますが、息子はいまだ探り中。

 

 

地理が超苦手なので、塾の先生に薦められた参考書を買って読み進めていますが、読んでいても頭に入っている気がしないと言います。

結局、スタディサプリの鈴木達人先生の動画も観ています。この先生の動画は以前にも観たことがあり、とてもわかりやすかったらしいです。

時間短縮のため、少し早送りでみているようです。

参考書を読むだけよりも、頭に入りやすいみたい。結構クセのある先生ですが独特な解説が凄く頭に残ります。

あとはアウトプットで使う問題集も解説がすごく詳しいものを買いました。

ただ、参考書も問題集(ほとんどが解説)も本が分厚くてプラス動画も見ると時間が結構とられてしまうので、時間をうまく使わないと他に響いてしまいます。

苦手教科の克服がんばれ。

 

 

 

数学の勉強はチャートが嫌いで途中からあまり使わなくなりましたが、結局チャートに戻っています。

 

数ⅠAは学校の4STEP(さらっと)→青チャート(さらっと)→合格る計算→1対1対応の演習という感じでやってきましたが、これからは塾の授業中心プラス苦手単元のみチャートで繰り返すらしいです。

 

数ⅡBは学校の4STEP(さらっと)→合格る計算→坂田アキラ先生の面白いほどわかるシリーズをやって、今は塾の授業プラス青チャートを使って基礎の穴埋め中。

 

数Ⅲは今は塾の授業のみですが、数ⅡBの青チャートが終われば数Ⅲの青チャートをするみたいです。

 

全部終われば1対1対応の演習をやると言っていますが、時間との戦いになりそうです。

 

 

 

青チャートは、アイロンで根元の糊を溶かして章ごとに分割しています。あとはバラバラにならないように製本テープをしっかり貼れば、持ち歩きがラクラクになります。

それに1章を終えるごとに達成感があるらしく、息子のようにチャートが苦手な人にはお勧めです。

 

息子の最近の口癖は「時間が無い」

以前は全く無計画で高校からもらっている学習手帳は白紙のまま過ごしていた息子。

今の塾に通うようになり、毎日の勉強計画をたてて、実際どれだけ出来たかなどを残すようになりました。この先の勉強計画も立てているようです。

 

 

息子はほぼ全教科基礎からの勉強が必要なため、これからやらないといけない事が凄くたくさんあります。

細かく計画を立てていくと時間が本当に足りないと気付いた様子。

それに自分で気付くだけでも成長したな~なんて思う私。

 

 

平日は高校から直接塾の自習室に行って夜に帰ってくると急いでお風呂に入り、ご飯を食べながらちょっと休憩のスマホタイム、終わったら地理の参考書を読んだり、とにかく慌ただしく動いています。

寝る前の30分は暗記の時間らしく、べッドで何か暗記物の本をめくりながら11時半に就寝して、朝は5時半に起きて少し勉強してから7時ごろに家を出ます。

 

それが昨日帰ってきてから、「時間が無いからこれから12時半まで勉強して5時半に起きる」と言い出しました。

私は睡眠時間をこれ以上削るのは良くないと反対しましたが、息子はとりあえずやってみると言って聞きません。

案の定、今朝5時半に起きたものの目が覚めずソファーでうとうと。体も怠そうで朝ごはんもほとんど食べられず、結局いつもよりかなり遅い時間に学校に向かいました。

元々よく寝ないとダメなタイプの息子。

6時間睡眠でも結構辛そうなのに、5時間睡眠なんて絶対無理…

なんか空回りしてるように見えますが、自分で色々やってみて最善のやり方を見つけて欲しいな。

 

勉強を頑張るのは良いけど、親としては体が一番心配。

それに睡眠不足で勉強して頭に入っているのかなとか思ったり。

 

 

他にも気になることがあって、時間が無いから第一志望以外のオープンキャンパスに行かないと言い出しました。

もしかして、どんな状況になっても浪人覚悟で第一志望校を受けるつもりなのか…

他の大学も行くだけ行った方が良いと思うのでまた話をしてみようと思っています。