ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高2息子、中2娘と暮らす日々

娘と一緒に数学の勉強はじめました

先日ブログに書きましたが、娘がドラマ『下剋上受験』を観て、ドラマの中でお父さんが娘と一緒に自宅学習をやっていたことに刺激を受け、家でもやって欲しいと突然言い出しました。

 

ドラマのように、前もって親が予習をしたり、全科目を教えたりという事は出来ないので、形を変えてやってみることにしました。

 

科目は数学のみで、私は予習なし。

用意した問題集をコピーして、時間を図りながら一緒に解いて、出来たら答えを交換して、お互いに丸付けをするというやり方です。

くもんの中学基礎がため100%中2数学 計算・関数編―学習指導要領対応

これは、息子が中学生の時に数学の先取り勉強で使っていた問題集で、この他に図形編があります。一人で初めて取り組むのに嫌にならず、ちょうどいいレベル。

 

二人でやってみて、わからなかったところは解説を読んでお互いに教えあったりしています。

今のところ、あまり難しい問題が出てきていないので、スムーズに進んでいます。

 

始めてみて私が一緒にやることの大きなメリットがありました。

それは、私よりも早く問題を解き終わりたいので、解くスピードが速くなったこと。

間違いの数も負けたくないので、諦めないで必死で取り組むこと。

 

今まで1人で宿題などをやっていた時は、とにかくダラダラ、間にスマホを触ったりでなかなか宿題が終わらない。

ちょっと難しい問題が出てくると、ヤル気がなくなって、投げ出してしまう。

という事がよくあって、もっと集中してやれば早く終わるのにといつも思っていました。

 

私が一緒にやると、娘の負けず嫌いがいい方向で作用するようです。

それに、私のレベルが高くない所がポイントみたいです。

計算のスピードは娘の方が速いですし、問題の解き方も私が結構忘れてしまっているので、ちょっとひねった問題が出てきて、娘が解き方に悩んでも、横で私がもっと頭を抱えて考えこんでいるので、娘はなんとか解いて正解したいと思うようです。

 

これから、毎日少しずつでも取り組んでいきたいと思っています。

計算・関数編が終わったら、図形編をやって、その後に少しレベルの高い問題集をやろうと思います。

塾を辞めてしまって不安な気持ちもありますが、時間の余裕が出来た分、コツコツ一緒に頑張っていきます。