ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高2息子、中2娘と暮らす日々

1月に受けた高1駿台全国模試が今頃返却されて…撃沈

高1の駿台全国模試は6月、10月、1月にあり、記述式の模試になります。

10月の模試は部活の都合で受けられなかったので、7ヶ月ぶりの駿台模試でした。

ちょうど返却時期に高校が春休みに入ってしまい、かなり遅れて始業式の日に返却されました。

 

 

その結果が驚くほど悪かったです(/o\)

お恥ずかしいですが、偏差値を公開!

 

英語  6月 57⇒ 1月 47

数学  6月 50⇒ 1月 50

国語  6月 51⇒ 1月 47

3教科 6月 53⇒ 1月 48

 

英語の下がりっぷりが凄まじいです。ビビりました(-_-;)

今まで英語は割と点数が取れる教科だったので、完全に油断していました。

これは何とかしないと、本当にマズイ気がします。

個別にみると、文法・語法・語彙という内容が平均よりかなり悪いです。そして、リスニングと読解が平均より少し低めでした。

 

数学は、小問は出来ているものの、大問で苦労していて、解き方がわからず式が途中までしか書けていない問題も多い。

 

国語は、漢文の点数が低くて、後はだたい平均レベル。

 

この結果を参考に、息子が機嫌の良い時に少し話し合いをしました。

英語は、春休みから始めた『英文法レベル別問題集』を周回して終われば次のレベルに取り組む。英単語の勉強を頑張る。

数学は、同じく春休みからやっている『合格る計算』をやった後、他の問題集で数ⅠAの復習。

国語はとりあえず学校の勉強をしっかり取り組む。

化学・物理の勉強は未定ですが考えた方が良いかもしれません。

 

部活で疲れた体で学校の課題を済ませた後に、どれだけの勉強が出来るかわかりませんが、後は息子のやる気次第でしょう。

 

明日まで高校のテストがありテスト勉強があるので、それが終わればやっていこうということになりました。息子もさすがにヤバいと思っているようです。

高1では、学校の課題と定期テストの勉強以外はほとんど勉強することなく1年が過ぎてしまい、こういう状況になった事をしっかりと受け止めてほしいです。

そして、あくまで模試の結果なので、落ち込むことなく前を向いていって欲しいなと思います。

 

ちなみに我が家から通える範囲の国公立大学で、理系の学部があるところは4校あります。

その大学の合格可能ライン(合格可能性60%)の偏差値(工学部)

A校  63  難しすぎる…

B校  57  憧れの大学

C校  50  頑張れば手が届くか…

D校  47  現実的、地元では地味ながら会社からの評判は大変良いらしい

 

まだ大学のオープンキャンパスに行っていないので、これから息子自身が行きたいと思える大学を選んで目標が決まれば、もっとやる気が出るのかもしれません。