ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高2息子、中2娘と暮らす日々

娘の期末テストが近づいてきました

テストまで2週間を切りました。

今回は9教科なので早めに勉強を始めるように声をかけています。

最近、家では学校の宿題をやるのみ。塾に行っていない娘はスマイルゼミを受講していますが、毎月の講座はほどんど手付かず(;´Д`)

 

 

さすがにこれではマズイと本人も思っているのか、スマイルゼミの定期テスト対策をやり始めています。

f:id:panchan7:20171109182248j:plain

 

「完璧」と薄い字が表示されているところは、標準問題を全て解き終わった所なので、順調にこなしているようです。

標準問題の後には、チャレンジ問題も用意されているので、そこまでやって欲しいと思っています。

数学ドリルも繰り返しやって、基本的な問題を落とさないように頑張って!

 

 

スマイルゼミはあくまで基礎の部分をしっかり学ぶ教材なので、学校のドリルやプリント、ノートなどが点数UPにはとても大事です。

 

目指せ全教科80点以上!(出来れば90点台「小声」)

 

まだ全然のんびりモードなので、最後は時間との戦いになりそう。

私が口を出しすぎるとケンカになり、あっという間にやる気ゼロで勉強から逃避してしまうので、テストまでケンカしないように心がけないと。

 

 

 

息子が中学1、2年の時にも塾へは行っていませんでした。

家で用意した教科書準拠ドリルや学校のドリルを、私が何をやるか計画を立てて、息子が毎日解いて、見直し、解き直しをするという家勉をしていました。

丸付けを手伝ったり、わからない所は解説を読んで一緒に考えたりもしていました。

普段は平日に短時間(30分~1時間ぐらい)の勉強しているだけでしたが、定期テスト前にもう一度復習するので、テストはいつも全部90点以上とれていました。

中学の定期テストはコツコツ真面目に勉強をやっていけば誰でも良い点をとれるんだと私は正直ちょっと甘く見ていました。

 

 

娘も中学生になったら、同じように勉強すれば大丈夫と思っていましたが、息子がやっていた勉強方法が娘には全く通用しませんでした。

毎日少しづつコツコツ勉強するという事が、どれだけ難しい事か、娘に思い知らされました。娘のように自分の主張の激しいタイプは親が思うようには動いてくれません。私に指図される事を何より嫌います。

それでも、そういう性格の良いところもあるし、会話が面白かったり、周りをよく見てよく気が付くのは息子より娘の方。

頭の中では色々な事をいっぱい考えているのかなとか思います。

難しいですが、子供それぞれに個性があってそれに寄り添っていかないとなぁ。

 

たまたま息子は中学の時、素直に私の言う事を聞くタイプでしたが、今ではすっかり生意気でおませな高校生になりました。