ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高2息子、中2娘と暮らす日々

2年前の高校受験を振り返る

他の方のブログを見ていると、もう私立高校の受験が始まっているんですね。

うちの地域は2月の初旬が私立高校の受験日なので、早いなーと思って読んでいました。

 

今頃は、いろんな高校の過去問を解いていたのを思い出します。

塾からの宿題として出た、灘高校の英語長文問題を解きながら、あまりの難しさに息子がこんなに難しいレベルの過去問、自分の受験には必要ないとブツブツ文句を言いながらやっていました。単語もわからないのが多くて辞書で調べていました。

その直後に受けた私立高校の受験で、その時に辞書で調べた単語がちょうど出てきたらしく、帰ってから喜んでいたという事がありました。

 

塾で少し前に解いた過去問の古文と、まったく一緒の箇所が試験で出てきてラッキーという事もありました。

 

受験直前まで学力は伸びていくし、やって無駄な事はないんだなと感じた出来事です。

 

 

 

息子の第一志望は公立高校の自校作成問題の学科で、第二希望は同校の普通科だったので、私立高校に進むことはほとんどないと思っていました。

 

でも、もし公立の試験当日にトラブルがあって私立高校に進むことになっても、後悔の無いように慎重に受験校を決めました。

息子は理系に進むと決めていたので、大学はやっぱり国公立を目指してほしい(金銭的に…)

という事で、特待制度のある中堅私立高校の国公立を目指すクラスを2校受験しました。通える範囲でたくさんの高校があるので、塾の先生から高校の面倒見の良さなどの情報をゲットして、後はオープンキャンパスで息子が気に入った学校に決めました。

 

A高は、男子校で勉強の面倒見がよく、スポーツで全国的に活躍する部活も多く、とても明るく楽しそうな雰囲気の高校。ただ国公立を目指すクラスだと運動部に入るのは無理とのことでした。家から自転車通学可能。

 

B校は、共学でこちらも勉強をしっかり出来そうな高校。真面目だけれど仲良く楽しそうな雰囲気。こちらは本人の頑張りしだいで運動部に入部可能。通学時間50分

 

息子はB校の方が良さげでした。共学だから ^^

 

結果は2校とも合格で、B校だけ特待合格をいただけました。

 

 

とりあえずこれで行ける高校があると思ったら、本当にホッとしました。

 

私立高校合格発表の2,3日後に公立高校の試験がいよいよやってきました。

 

 

一日目が筆記試験でしたが、息子は試験から帰ってくるなり、ソファーに突っ伏して大泣き。

 理由を聞いても落ち込んで何も話してくれません。

晩御飯を食べ終わり、気持ちが落ち着いたころ、ようやく話してくれました。

帰りの電車で試験問題を見返していて、理科の問題文を読み間違えていたことに気づき、そのミスで大問まるまる間違えてしまったとの事。

 

正直合格するとしても余裕の点数で受かることは無いと思っていたので、このミスはかなり痛かったと思います。倍率も3倍近いと聞いていたので、かなり狭き門。

 

もし不合格でも同じ高校の普通科があるから心配しないように話をして、次の日の面接に向けて気持ちを切り替えれるように、それだけを考えていたように思います。

 

面接では、とにかく無理をしないで素直にありのままで良いと。ただ声が小さくならないようにだけ話して、朝送り出しました。

面接は無事に終わりましたが、発表までの5日間は本当に長くて胃の痛くなるような毎日でした。

 

不合格と分かった時になんて声をかけようか、普通科受験まで2週間以上あるのでどうサポートしたら良いのか、頭の中で色々な事がグルグルと回って落ち着きませんでした。

 

 

ようやくやってきた合格発表の日、私の中では完全に普通科受験に向けて頭が切り替わっていました。

 

息子は同じ高校を受けた友達と一緒に発表を見に行ったので、私は家で結果を待っていました。

 

夕方になってもなかなか帰ってこない息子。携帯に電話もありません。

だんだん心配になってきた頃、息子がようやく帰ってきました。

分厚い封筒を持って。

あまりにも期待していなかったせいで、合格が理解できない私。

息子の笑顔を見て、だんだんわかってきました。

学校に合格の連絡をしにいって、先生や友達と話し込んでいたらしく帰るのが遅くなったとの事。私はてっきり落ち込んで家に帰り辛いのかと思っていました。

 

そんなこんなで、息子の高校受験は終わった訳ですが…

 

 

 

あれから2年たって思います。

その時は運命の分かれ道ぐらい一大事に思えたことも、ひとつの通過点だったのだと。

 

今の高校では一応レベルが高いと言われている息子のクラスの子より、もっと賢い子が普通科に在籍したりします。結局は入学してから気を抜かずに勉強を続けていくことが大事なのだとつくづく感じます。

 

もし第一志望の高校が残念だったとしても、入学した高校でどう過ごすかで全然変わってきます。

 

うちの息子のように、第一志望に入っても部活中心の生活を送り、たまに時間が空くと彼女とデートか友達と遊びに行くという生活を送って、勉強は二の次になる人もいます。

まぁ、高校生活をとても楽しんでいて、それもまたよしです。

これから勉強頑張ってね(^^♪