ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高2息子、中2娘と暮らす日々

娘の自宅学習 スマイルゼミについて思う事

昨日のブログで最近の自宅学習は、スマイルゼミ+ドリルをやっていると書きましたが、なぜそういう形にしたのか書いておこうと思います。

 

スマイルゼミは基礎的な勉強をする上でとても役立つと思います。

ちょっと気になることは、解いて間違った問題を直後に解き直して、その時は理解したり覚えているので、その問題は正解したことになります。

正解した所はPerfectと表示されるので、うちの子はもう同じ所を取り組む事がありません。

でも、たった一回取り組むだけだと、すぐに忘れてしまうように思います。

親がやった所を管理して数日後に解き直しさせるなど、同じ所を3回ほど繰り返せばもっと頭に残ると思いますが、うちの場合は声をかけてもやりませんでした。

 

 

そういう理由から、必修テキストなどの教科書準拠ドリルを一緒に使うようにしました。ドリルの方がスマイルゼミよりも問題数が多く、少し詳しくなります。

スマイルゼミ抜きで教科書準拠ドリルをやっても良いのですが、スマイルゼミをやってからの方が解る問題が増えてドリルがスムーズに進むのがメリットです。

 

テスト2週間前になると、スマイルゼミの定期テスト対策が始まります。

これはとても優れていて、テスト範囲を入力するだけでやるべき所がわかりやすく出てくるので、本当にスゴイです。

本来ならこのテスト対策の講座や暗記カードも、クリアした後に繰り返しやるのが良いと思います。

 

今回のテスト勉強では、スマイルゼミを早めに終わらせて、学校のドリルやプリント類の宿題も余裕をもってやって、実技教科の勉強時間を確保できるように進めて欲しいと思っています。

 

こんな感じで順調に勉強が進むとすれば、

スマイルゼミ通常講座→ドリル→スマイルゼミ定期テスト対策→学校のドリル(数、英、理)で、同じ単元を3回から4回繰り返すことになり、頭に残りやすいと思います。

 

 

最後は、娘が勉強から逃げ出さないでやってくれることが、一番大事なポイントなわけですが、なるべく優しく見守っていきたいと思っています。