ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

娘の部活仲間と有意義なひととき

部活の同級生全員と母4人でご飯を食べに行ってきました。

 

母チームのテーブルでは、4人みんな高校生と中学生の子供がいるので、自然と受験の話で盛り上がりました。

 

話をしていて、4人それぞれの考えがあって、とても面白かったし勉強にもなったな。

 

 

Aさんは、3月に高校を卒業してまもなく大学に入学する男の子がいます。

中学ではスポーツを頑張り、中堅私立高校でも部活中心の生活をおくり、内申をなんとか上げて指定校推薦で私立大学が決まったとの事。その大学は、自宅からかなり遠い地方の田舎にある大学ですが、グローバルな人材を育てることに力を入れているという事で最近注目をされているようです。在校生の半分近くが外国人留学生との事でした。

 

入学前からすでに英語の課題がたくさん出ていて、入学後はしばらくは勉強漬けの毎日になりそうという話でした。

 学費は普通の文系よりもかなり高くて初年度150万円、プラス下宿の寮費や食費で毎月10万円の仕送りを予定しているそう。アルバイトも勉強が忙しい事やすごく田舎に学校がある為、いつからバイトを出来るかもわからないみたい。

そのお母さんは教育費だけはケチらないという主義らしいので、子供が進みたい道ならお金は惜しまないタイプ。

でも、そのかわり最近持ち家の広いマンションを売って、こじんまりとしたマンションに引っ越しされました。すごい行動力のお母さんです。

 

もうすぐ中3の女の子も、大学受験せずに進める地元の中堅私立大学の付属高校に進学させたいと考えているらしいですが、女の子は勉強が嫌いなので悩み中でした。

 

その他、奨学金の事なども色々と話を聞きました。

驚いたのは、高3の春ぐらいに高校で奨学金を予約する手続きがあるという話。高校で欲しい人は用紙を取りに来るように言われるらしいのですが、油断していて用紙を貰いそびれる所だったそう。

そんなに早く手続きがあるなんて思ってもみなかったです。

大学入学後も手続きが出来るそうですが、奨学金が貰えるのは遅くなるようです。

奨学金の種類も利子ありとなしがあって、収入の他に高校での成績も関係してきます。知らなかった^^;

あらかじめ、色々と調べておかないとダメだと反省。

 

 

Bさんは、もうすぐ高3の女の子がいます。

勉強が苦手で、地元では公立に入るのはちょっと厳しいという子がよく行く私立高校に通っています。その高校は、学科が少ないですが付属の大学もあってもしかしてその大学に進むかもという話でした。

そのお母さんも大学について色々調べていたり、奨学金についてもとても詳しかったです。自営業なのでお金のことは色々と頭を抱えることが多いと話していました。大学の学費を色々計算したら、夜心配で寝られなくなったそう。

大学の事も女の子なので大学には行かないで働いても全然構わないし、本人が行きたいなら行かせるつもりといっていました。

 

中3になる妹ちゃんも勉強が嫌いらしく、同じ私立高校に進む予定みたい。

 

 

Cさんは、もうすぐ高3になる男の子がいます。

公立の上位校の普通科に通っていて、うちの息子と同じく理系の大学をめざしているそう。学費を考えて出来れば国公立に進んで欲しいらしい。あまりお金のことは詳しくなくて、なんとかなると現実から目を背けてきた私と同じタイプ('◇')ゞ

 

中3になる妹ちゃんも成績が良くて、お兄ちゃんと同じ公立高校を目指しています。

 

 

普段から試合をよく観に行く仲良し母4人組ですが、なかなかディープな話をゆっくり出来て楽しい時間となりました。