ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

第1回全統マーク模試が返ってきました

部活を引退した後すぐにテスト週間に入り、テストが終わってようやく受験勉強に力を入れられると思っていたのですが…

 

先週の息子の様子はというと、学校帰りに映画を見に行く、家で筋トレに励む、ルービックキューブにハマるという感じで引退後の生活を楽しんでいます。

息子が受験生だという事を忘れそうです←

 

 

そろそろ喝を入れる頃でしょうか(-_-;)

 

 

この土日は進研マーク模試と駿台模試を受けてきました。

進研模試の方は数学が珍しく手ごたえを感じたらしく、帰ってすぐに自己採点していました。数ⅠAの方は出来たと思っていた大問を落としていてダメだったようですが、数ⅡBの方は結構出来たと喜んでいました。

最近お世話になっている坂田アキラ先生の『数列が面白いほどわかる本』のおかげか数列が満点だったらしいです。

ただ進研模試は難易度的に簡単だと思うので、全然油断出来ないですけどね。

 

そして問題の駿台模試の方ですが……ノーコメントでした。

まぁ予想していたことですが、自己採点ぐらいしようよ!

 

 

 

4月に受けた全統マーク模試の結果が出ました。

 既卒生も参戦してくるはじめての模試となります。

結果を見ながら息子と少し話をしました。

 

偏差値のみ

英語 56.2

数学ⅠA 61.1

数学ⅡB 51.1

国語 60.1

物理 54.0

化学 52.8

地理B 50.2

 

 教科別にみると

英語は、文の趣旨や図表の読解で大きく落としています。どうしたものか…

 

数ⅡBは全体的に勉強不足。ボロボロだった微分積分、ベクトルをこれから取り組むらしい。坂田アキラ先生の本で。

 

化学、物理も単元によって出来ている所と全く出来ていない所の差がすごい。基礎を仕上げていっている途中らしいので、まだ伸びしろたっぷりらしいです。

 

地理はとりあえず放置。

 

8月の全統マーク模試までにどれだけ勉強出来るかな。

これからが勝負!

 

 

第一志望の大学はセンターの配点が国語が凄く高くて(350点中125点)、次に地歴公民が高くて、残り3教科が低い。ちなみにE判定、あと4点でD判定。

 

第二志望の大学は英国が高くて、次に数理が高くて、地歴公民が低い。こちらもE判定、あと1点でD判定。

 

第三志望の大学は英数国理が同じで、地歴公民が低い。 C判定。

 

 

大学によってバラバラなのですが、第一志望の大学なら文系科目(特に国語)もかなり頑張らないと厳しそうです。

ほんとにやることが山積みですが、本人はいたってマイペース。心配だわ(;´Д`)