ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

高校の三者面談

息子の高校へ三者面談に行ってきました。

 

先日帰ってきた全統マーク模試を見ながら、今後の志望校や受験の流れなどを確認。

正直、目標を考え直すなどの厳しい言葉もあるかなと覚悟していましたが、そんなこともなく笑顔で話をする先生。

 

 

今回の模試は既卒生も3分の一程混じってきたから、E判定でもめげないで大丈夫。

息子は部活を頑張ってきて、これから本格的な受験勉強に入るのだから今からが勝負。

理科科目などあまりとれていないけど、勉強出来ていないだけ。

という意外と優しいお言葉。

 

そして、10月、11月の模試ではB判定以上を目標にね!

センターは80%以上!

と笑顔で言う先生。

なにげにサラっと難しい事言うよね~^^;

 

先生曰く、息子の第一志望A大を前期で受けるとして、後期に受けるつもりのB大が最近レベルが上がってきて受かりにくくなっているらしい。

A大のボーダーぐらいの実力で受験すると、落ちた場合に後期のB大も落ちる可能性が高い。だから後期の大学のレベルを1つ下げることも考えないといけない。下げると行きたい大学ではなくなったりするので、下げない人は浪人を選んだり、私立大学を選ぶ人もいるらしい。

 

浪人したくない場合、前期でB大を受けるのもあり。

でもやはり第一志望校を迷いなく受けられる実力を今からしっかりとつけて、前期A大後期B大受験に出願できるように頑張っていこうという事になりました。

 

 

息子にとってはかなり高い目標。とにかく第一志望よりももう一段階高い所を狙うぐらいの気持ちで!という話で面談は終わりました。

 

 

ちなみにA大は自宅から少し遠いので下宿などすることになります。

 

B大は家から近い国立大学なので、楽々通学で親は非常に助かります^^

 

これからの息子頑張り次第でどんな道に行くかわかりませんが、見守りつつ応援していこうと思います。