ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

大学の学部学科選び

受験生の中で、将来の目標が定まっている子たちはどの方向に進むのかおのずと決まってくると思いますが、うちの息子はまだ決まっていません。

 

それでも、模試を受ける時など学部学科をはっきりと決めて志望校として書かないといけません。

 

高1から理系に進んだ息子ですが、理系といえば理学部、工学部、農学部、医学部、薬学部などがあります。

学部を選ぶ際に、息子の場合なんとなく工学部にむかう事になりました。

 

工学部の中には、機械系、電気系、情報系、建築系などに分かれていくのですが、その中でも情報系に進むことを考えているようです。

 

ですが、情報系を選んでいるのもなんとなく面白そうかなというぐらいのノリだと思われます。

正直、息子は理系の研究や機械などのモノ作りも特に興味が無くて、本当に理系に来てもいいタイプなのかそこから怪しいなと思ったりするのですが、中学の時理科や数学が得意で、国語や社会が苦手だったからという単純な理由から今に至ります。

 

まぁ、どんな理由であれ興味を持てる学科を選んだのならそれで構わないのかなと思うのですが。みんなちゃんとやりたいことがあり行き先を決めているのか、それとも息子みたいになんとなく選んでいるのかどうなのかな。

 

 

大学選びについて、息子が最近信者になりました塾の先生から、情報系に進むならD大学がそっちに強いよという情報をいただきました。

その大学はなんとなく文系に強いイメージがあり候補に入っていなかったので、8月のオープンキャンパスに行ってみることにします。

 

今までA大学が第一志望で他にB大学C大学を考えていましたが、先生曰く情報系ならA大学かD大学がおススメらしいです。

D大は、A大より少しだけ偏差値で言うと低いですが、それでも息子からしたら高い目標です。

こういう話は、高校の先生からも聞けなかったので大手塾ならではなのかもしれません。参考にしたいと思います。

 

 

まだ学科選びも確定では無いので、この夏のオープンキャンパスで色々と体験してきてもらおうと思います。

 

 

 

息子の塾にはたくさんの大学生のチューターさんがおられるのですが、あるチューターさんのお話をききました。

中堅私立大学に通いながらチューターのバイトをしていた時に、バイトを休んで勉強をして、某旧帝大を受験して合格されたらしいです。

その大学に通いながらチューターをしていて、またお休みをとり、今度は国公立大学医学部を受験して合格されたそうです。

大学に入ってから自分のやりたいことが見つかり、どんどんやりたい事を叶えていった話を聞いて、遠回りしてもそういう進み方もあるんだなと感激しました。

親としては、大変だろうと思いますけどね。