ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

中3娘の近況

今週末から娘の部活の夏季大会が始まります。

いよいよ中学最後の大会となるので、メンバーの親子共々寂しい気持ちになりつつあります。

 

今回こそはベスト8以上を目指すという目標を掲げていましたが、くじ引きで決まったトーナメント表を見る限り、なかなか険しい道のりになりそうです。

最初は落ち込んでいた子供たちも、今ではすっかり気持ちを切り替えて練習を頑張っています。

今持っている力をしっかり出して、どんな結果でもやり切ったと思えるような大会になれば良いなと思っています。

 

娘は高校ではバスケ部に入るつもりはないようなので、これでプレーを見るのは見納めかと思うとなんともいえない気持ちになります。

今まで結構楽しませてもらったな~。

 

 

そんな娘は当たり前ですが受験生です。

先月の期末テストが終わってから、家で勉強している姿を一切見かけません。

唯一社会の宿題の作文を締め切り前日に夜中まで書いていたのを見ただけです。

塾の宿題は、学校の休み時間などにギリギリでやっているみたい。

 

毎日スマホが手放せません。

あまりにひどくて注意してケンカになることはしょっちゅう。

 

勉強がしたくないなら、大学へは行かなくても構わない。

高校は自分で選んだところを受けたらいいという話はしています。

娘の性格からして、私が薦めた高校に行ったところで不満があれば私のせいする事が目に見えているので、それだけは避けたいのです。

 

少し前までは、なるべくなら少しでもいい高校に行って欲しいという気持ちがありましたが、段々と変わってきています。

今は学力ではなくて、娘に合う高校に行って欲しいし、そういう高校に巡り合えるようになんとかサポートしていこうと思っています。

 

 

昨日の夜、学校に提出する志望校や学校見学の状況などを報告する用紙を娘が書いていました。机に置きっぱなしになっていたので、こっそりと見てみました。

 

そこには、息子が通っている高校の普通科が第一志望に書かれていました。

第二志望には家から近い英語に力を入れている公立高校。

 

併願の私立高校は、息子が受けた私立高校。

そして家から近くの同じレベルの私立高校。

息子の影響をもろに受けています。

 

そして、高校を選んだ理由が勉強が頑張れそうだからと書いてありました。

う~ん(-_-;)本当にそう思ってるのかな…

 

 

息子の高校の普通科は、ずっと娘が行ってくれたら良いなと思っていたところでした。

のびのびとした自由な校風で娘に合っていそうだと。

 

でも、最近その高校に通う高2の子の保護者から、学校の課題が多すぎて子供がついていけなくて大変なことになっているという話を聞いたり、ネットの掲示板でもそういう書き込みを見かけたりしてちょっと心配になっています。

 

息子は理系の進学クラスに入ったので、普通科とは全然カリキュラムが違うのですが、普通科でも国公立を目指す人がかなり多くて学校側もそれに対応してくるので毎日大変らしいです。

 

息子に課題の多さについて聞いてみたところ、確かに多いらしいのですが要領よくやれば短時間で終わるし全然大したこと無いと言っていましたが、息子はいい意味でも悪い意味でも要領よく(手抜きともいう)出来るタイプなので例外なのかもしれません。

息子の状況しか見ていなかったので、うちの高校は課題が少ないのだとずっと思っていました。というか課題が大変という話を聞いても大げさだなと思うぐらい息子は全然大変そうに見えなかったというのが本当のところです。

 

娘が同じ高校に行ったとき、毎日のたくさんの課題に対応できるのかがすごく心配です。娘は要領の良いタイプではないですし、面倒な事を先延ばしにしてギリギリに焦って大変な事になるのをずっと見てきましたから嫌な予感が…

 

それに大学進学するかもわからない娘がそういう高校に入って苦しくなって学校に行きたくなくなるのではとか、いろいろと考えてしまうのです。

紆余曲折を経て今にいたる娘なので。

 

 

今は部活を頑張っているものの、家ではスマホ三昧の娘が部活引退後に本当に勉強をして高校受験を頑張るのか、それともスマホをやめられずにダラダラと過ごしてしまうのかわかりませんが、おおらかな気持ちで見守りたいです。難しいですが。

 

そして、夏休みに今まで検討していなかった高校のオープンキャンパスにも行くことをすすめてみようと思います。