ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

部活と勉強どっちをとるか(高校選び)

息子の友達の話です。

 

 

中学時代の息子の親友で、バスケ部で一緒に頑張っていたA君。

中学ではバスケの選抜選手に選ばれて全国大会も経験、学校では足が一番早くてスポーツ万能、おまけに勉強も出来て、とても目立つ存在の男の子。

 

高校は数校から推薦の声がかかり、家から割と近くてバスケの強い公立高校を選んで入学しました。入学したクラスは、成績が良かったこともありスポーツクラスではなくて、スポーツクラスと普通科のちょうど中間のクラス。

その高校のバスケ部には推薦で入学した子がたくさんいて周りはとてもレベルが高く、ハードな練習が毎日遅くまであって、土日も遠征など大忙し。

スポーツクラスの子は、平日は昼食後すぐに練習が始まるけれど、その子は違うクラスなので午後も授業があり終わってから遅れて練習に参加。

練習時間が短いハンデを埋めるために、とにかく必死で練習に励む毎日。

 

練習でヘトヘトになって、家に帰るとバタンキューで勉強時間がとれない。

定期テストは、スポーツクラスのテストはすごく簡単らしいのですが、A君のクラスはテストがほとんど普通科と同じで難しい。

テスト前も部活の練習があったりして勉強不足でテストの点がとれない。

そんなこんなで内申がどんどん下がっていったようです。

 

部活では、学年が上がってもスタメンに入ることは難しく、常にまわりとの競争が凄くて、かなり精神的に追い詰められ、いつもバスケの事で頭がいっぱいで勉強の事を考える余裕が無かったそうです。

 

その高校とうちの息子の高校が練習試合など何度かしたことがあり、応援に行ったことがあります。上手な子がたくさんいる高校なので、A君が試合に出てきても小さなミスなどですぐに交代となってしまいます。代わりに出てくる子もみんな上手なので、いくらでも代わりはいるという感じ。かなり短時間での交代が多いので、自分の力を出す前に代えられてしまうようで見ていて可哀そうな気持ちになりました。

人数が多い強豪校では、そういう事は普通の事なのかもしれませんが。

 

一方、息子はスタメンで結構ミスをしても代えられることも無くプレーしていました。 もちろん試合の結果はいつも息子の高校が負けていました^^;

 

 

最後の引退をかけたインターハイ予選で、A君の高校は準決勝まで進む大健闘。バスケの激戦区といわれている地域なのですごい結果だと思います。

A君は試合に出る機会は少なかったようで残念がっていましたが、チームとしては今までで最高の結果となり、部活でたくさんの良い経験が出来て本当にこの高校で頑張ってきて良かったと言っていたそうです。

 

 

ちなみに息子の高校はベスト16で終わりましたが、元々すごく弱いチームだったのでベスト16でも大満足の結果でしたし、大変盛り上がりました。

息子も試合にずっと出られて、悔いなく終われたようです。

 

 

その後、A君はバスケで大学からの声はかからなかったそうです。

やはり試合にたくさん出てアピール出来ないとダメなのですね…

 

 

A君は現在塾に通い、中堅私立大学の公募推薦に向けて準備をしているそうです。元々は難関私立大学を目指していましたが、成績が振るわず、塾でも今から難関大学は難しいと言われてしまい、目標を下げることにしたらしいです。

 

ちなみに、スポーツクラスの場合には良い内申がとりやすいので、指定校推薦で結構良い大学に行けたりするそうですが、公立高校の場合は指定校推薦の数が少なめらしいです。

 

A君のお母さんと仲が良いのでよく話をするのですが、元々は勉強が出来る子だったので、なんとか難関大学を目指してほしかったようです。

でも、高校ですっかり勉強しなくなってしまい、本人が上を目指す気持ちが無くなってしまったという事でした。

私からすれば、すべてにおいてハイスペックな印象があったので、勿体ないなとどうしても思ってしまいます。

 

A君にはバスケをやっている中3の弟がいて、高校でも頑張るそうです。

お母さんの話では、A君が公立高校に進んで勉強や受験の面で苦労したので、弟君には私立高校を考えているらしいです。

私立高校なら公立よりも指定校推薦が豊富で、勉強面でも面倒見が良かったりするらしいので。もちろんその高校によりけりですが。

 

A君は今でも仲良しなので、えらく話が長くなってしまいました。

 

 

 

続いて、B君のお話。

B君は息子と同じ高校の普通科で、今同じ塾に通っています。

バレーボールをやっているB君も、中学の時に選抜の選手に選ばれて活躍していました。複数の高校からの推薦を断って、一般受験でバレーボール部は全く無名の息子の高校に入学してきました。

高校でバレーボールを頑張り、最後の大会ではバスケ部と同じくベスト16の結果を残して引退となりました。

 

B君はかなり以前から部活が終わった後毎日塾の自習室に通い、コツコツと努力してきたそうです。やりたいことがあり、行きたい大学(旧帝大)が決まっているので合格に向けてまっしぐらに勉強しているB君。

 

早いうちに基礎の勉強は終わっていて、レベルを上げた問題集も周回して、赤本をそろそろ始めようかなという所まで来ているらしいです。

息子との進み具合の差がスゴイ。

 

私が初めて息子と塾の面談に行ったとき、フリースペースにある机で1人黙々と勉強していたB君。背が高くがっちりした体格(イケメン)のB君が勉強する姿はまさに文武両道のお手本みたいな雰囲気でした。個人的主観…

 

 

 

A君B君、それぞれ中学時代は部活で活躍していた選手です。

 

A君のように強豪校に進んで、部活にすべてを捧げトップを目指して頑張るのも良し。

 

B君のようにあえて弱いチームで皆で少しでも上の結果を目指しながら部活を頑張り、同時に勉強をがんばるのも良し。

 

 

 

どちらが正解かという事ではなく、結局本人の中で何が一番優先かという事なのだと思います。

 

でも、やっぱり親からすると大学の事気になっちゃいますよね~