ぱんちゃんのおうち~中高生観察日記~

高3息子、中3娘と暮らす日々

娘の歯列矯正

娘は小学校5年生から歯列矯正をしています。

始めたっきっかけは、定期的に通っていた歯医者さんから歯の欠如と埋まっている臼歯の位置に問題があるとを指摘されたからです。前歯の少しガタガタとした歯並びも気になっていました。

 

矯正歯科に行き詳しく検査をして、治療を始めました。

 

娘の歯列の問題点は当初以下の通りでした。

 

➀上の第二大臼歯の先天欠如(左右)

 

②上の第二小臼歯の位置に問題あり(左右)

 第一小臼歯の内側に埋まっているので、うまく生えてくるかわからない

 生えてこない場合は上あごを切って引っ張り出すこともある

 生えてきた歯を正しい位置に誘導する

 状態によっては最悪抜歯もありうる

 

③永久歯が標準よりも少し大きめで、歯列の幅が標準より狭い

 そのため場所が不足する可能性あり

 

 

小臼歯は歯列が狭くて場所が不足した場合に抜歯することがある歯なのですが、娘の場合大臼歯が欠如しているので、第二小臼歯を抜歯することなく、なんとか歯列に誘導していきたいという事になりました。

 

 

 

 

小学生の間は、上下の床矯正をして歯列を広げる処置をしました。

床矯正が終わるころには、スペースに余裕が出来たのか、前歯のガタガタは自然と綺麗になってほとんど気にならなくなりました。

 

 

中学生になってから、上の第二小臼歯の部分に残っている乳歯を抜歯しました。

そこに第二小臼歯がおさまる場所を確保するため、器具をつけてスペースを広げていき、埋まっている第二小臼歯が自然と生えてくるのを待つことになりました。

 

 

 

中3になった現在、左の歯はようやく顔を出してくれましたが、生えた場所はやはり隣の歯(第一小臼歯)の内側です。

矯正装置をつけてこれから移動させていきます。

 

そして、右の歯は結局生えてきませんでした。(埋伏歯と言います)

上あごの中に埋まったままで、問題なのが歯が完全に倒れて横を向いている事です。

歯の先(かみ合わせ側)が隣の歯の根元に横から刺さっているような感じ(;´Д`)

 

この夏休み、口腔外科に行って歯肉を切開してこの埋伏歯の顔を出すようにする処置(開窓)をして、歯にボタンのような物を取り付けてもらいました。

同日に矯正歯科に行って、この歯に矯正装置を取り付け。

 

この真横に向いた歯をこれから徐々に起こしつつ、あるべき場所へ移動させていきます。見た感じほんとにちゃんと動いてくれるのか不安になるぐらいの見た目なのですが…

 

矯正歯科の先生からはとくに否定的な話も聞かなかったので、なんとかしてもらえると信じてついて行こうと思います。

 

それにしても、まだまだ長い道のりになりそうです。

受験が近づけば少し歯の移動はお休みして、高校でまた矯正。

頑張れ、娘!

 

 

ちなみに娘の矯正料金は…

 

検査料   約57000円

第一期矯正料金  35万円

毎回の支払いはありませんので、比較的良心的な金額かも。

 

口腔外科での開窓の処置は、保険が効かず25000円ほどかかりました。

 

 

第一期矯正が終わって永久歯列完成後、必要ならば抜歯をしての第二期矯正をします。その場合は、追加で55万円かかります。

 

うちの息子も中学高校と矯正しています。まだ継続中…

息子は第二期矯正へ突入してしまいましたので、すごい金額(^^;)

元々歯並びが良い子は羨ましいな~